根管治療

駐車場完備
TEL

048-423-8814

土曜・日曜も診療土曜・日曜も診療
新規の患者様専用WEB予約

〒352-0001 埼玉県新座市東北2-30-21 TAIRAYA志木店 3F

メイン画像

当院ではマイクロスコープと呼ばれる
歯科用顕微鏡を利用しています。

肉眼の何十倍も視野を拡大できるため、
「精度の高い治療」が
可能になっています。

初めに~根管治療で悩まれている方へ・・・

院長

根管治療は歯医者であればだれでも対応できる治療です。
しかし、多くの方がこの治療で悩まれています。

それはなぜか…。

それは治療するにあたって「可視化」している医院が多くないことが主な原因です。

可視化とは、見えていなかった部分を見えるようにすることです。
従来までの根管治療は、経験と勘にたよった部分が多くありました。
それもそのはず、歯の神経が入っている管は非常に複雑な形態をしており、目では全貌を把握することはできません。そのため、これまでの経験を頼りに手探りで対応してきたのが事実です。

しかし、根管治療を成功させるためには、感染した神経をしっかりと除去する必要があるのですが、手探りではそれは期待できません。そのため、「治療したのに再発してしまった」「何度も治療しているので一向に良くならない」ということが起きてしまいます。

根管治療はご自身の歯を残すための最後の砦となります。
当院では、なによりも大切なご自身の歯を残すために、「可視化」にこだわった治療体制をしいています。具体的には「マイクロスコープ」や「CT」などが該当しますが、これらを含めて、根管治療を成功させるために当院の取り組みをこれからご紹介させて頂きます。

当院の根管治療の体制をご紹介

根管治療を成功させるには、「見える化(マイクロスコープ/CT)」「除菌(ラバーダム)」の2つが大切なテーマとなります。それぞれご紹介します。

「見える化」:
マイクロスコープ/CTの活用

根管治療は歯の「根」の治療になります。
歯の根は複雑に湾曲し、細かく分岐していますので、根の先端まで「肉眼で目視」しながらの治療は不可能です。つまり、手指の感覚やレントゲンを参考にしながら盲目状態での治療になるのです。そのため、どんなに治療技術が高い歯科医師でも、「肉眼」での歯の根の治療ではどうしても勘に頼ってしまうことがあります。

しかし、マイクロスコープCTを利用することで、これまで見えなかった部位がしっかり確認できるようになりますので治療の成功率は格段に高まります。それぞれの特徴をご紹介します。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

上部バナー

マイクロスコープとは、歯科用顕微鏡ともいわれるもので、「肉眼」よりも数十倍、視野を拡大してくれる装置です。つまり肉眼では確認できない部分までを見ることができます。
下の画像は「肉眼」と「マイクロスコープ」の見え方の違いになります。肉眼と比べどのくらい視野が拡大できるかを確認できるかと思います。

  • 比較1
  • 比較2

多くの方が、原因が分からないまま、何年も根管治療されています。正直な話、「肉眼」での治療を続けている限り、根本的な原因が分かりませんので、その苦しみが緩和する可能性は低く、最終的には抜歯の可能性が高まります

CT(三次元立体画像撮影装置)

CT

一般的に行われている根管治療では2次元で撮影できる「デンタルレントゲン」というもので根管治療の診査診断を行います。しかし当院ではケースによっては3次元の撮影を可能にする「CT」を利用します。なぜ3次元のCTを利用するのか。それは2次元だけでは見えない部位が存在するためです。

下の画像をご覧ください。
この画像はデンタルレントゲンとCT画像の比較となります。
丸を付けた部分が問題の箇所ですが、デンタルレントゲンだと、この丸の部分に黒い色がついていませんので、問題個所を見落としてしまう可能性があります。

  • CT
    CT画像
  • レントゲン
    レントゲン画像

問題部位が発見できなければ当然治療を行うことはできません。
根管治療において「可視化できるか否か」。これは治療の成否を左右する大切なことです。

「治療方針」と「予後」の見える化

当院では北米の根管治療専門医が提唱する分類法をもとに、患者様の根の状態を以下の5つで診断し、現状と治療方針をお伝えしています。例えばClass1。

Class1

通常の根管治療でも治癒率は90%を超えます。病気が進行する前に根管治療を行うことをすすめます。

このような指標があることで、方針にブレがなくなり、かつ、患者様も納得して治療の有無を判断して頂くことができます。

「除菌」:再感染の防止。
再発を防ぐためには、これが大切

他院で治療を受けた方から、「根管治療を受けたはずなのに、また痛みが出てきてしまった」といったご相談をお受けすることが多いのですが、再発してしまうのはどうしてだと思いますか?

保険治療の限界もありますが、何よりも、治療中に唾液に含まれる「細菌」が治療部位に入ってしまうことが原因です。

本章では、当院が行っている再発のリスクから患者様を守るための「再発防止」体制をご紹介します。

「ラバーダム」の利用
保険治療でも利用)

口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防ぐために当院ではラバーダムという道具を利用します。

2

ラバーダム防湿とは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆い被せて口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防止する道具です。
ラバーダムを使用することで、様々な口腔内細菌が根管に侵入するのを防ぎ、無菌的な処置を行うことが可能になります。逆を言えば、ラバーダム防湿を行わないで行う根管治療は細菌感染の可能性が高まり、再治療の原因ともなります。

根管治療を成功させるためには、細菌感染を防ぐことが必須となります。
そのため逆に言えば、「ラバーダム」を使用しない根管治療は、細菌感染のリスクが高まり再治療の可能性が高まるとも言えます。

治療後の歯を「より綺麗に」そして「長持ち」させるための工夫

根管治療後は、コアと呼ばれる支台を入れ、その上に被せ物をしていきます。
当院では耐久力がある「ゴールドコア」、審美性・耐久性に優れる「ファイバーコア」を利用しています。ここでは人気の高いファイバーコアについてご説明します。

ファイバーコアとは?

根管治療後に被せ物をするためには、補強の為の土台を作る必要があります。
その土台になるのが「コア」です。

ファイバーコアの特徴は「審美性」「耐久性」になりますのでそれぞれご説明します。

審美性

裏側から光を当てた時の「光透過性」の比較です。
左がファイバーコア、右が金属コアです。
どちらの方が綺麗に見えますか?もちろん左のファイバーコアですよね。
ファイバーコアはその性質上、光を透過しやすいのですが、金属コアは光を透過させませんのでどうしても影ができてしまい審美性が劣ります。

破折の可能性

ファイバーコアは「しなる」性質を持つため、強い力が加わった場合でも力を上手に分散させることができます。しかし、金属コアの場合、しなる性質がないため、力が歯根に集中し歯根破折という問題を引き起こす可能性があります。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約

電話での問い合わせ

電話

医院の住所

〒352-0001 埼玉県新座市東北2-30-21 TAIRAYA志木店 3F

診療時間

△土曜,日曜診療時間:14:00~18:00
※祝日診療することもあります。詳細はブログをご確認ください。

このページの先頭に戻る